Caomはなおとれしぴ。

caom.exblog.jp

日だまりの笑顔

今日は暖かい1日でしたね。
お店もドアを久しぶりに開けての営業。
鉢を外に出してあげて日光浴。

ぽかぽか陽気の中、うちの店の前で立ち止まるおばあちゃん。
「こんなところにお花屋さんできたんだねぇ。。」と笑顔。
とても、嬉しそう。とても幸せそうに太陽の光を浴びた姿で私にほほえむ。
あぁ・・・こういう笑顔、やられちゃうんだよなぁ。

「昔は沢山お花を育てていたんだけど、今は年取ってできなくなっちゃって・・・。
だけどお花は大好きだから、ちょっと見させてね」・・・とまた笑顔。

もちろんです。どうぞどうぞ。

そしてお花談義。いくら花屋といえど、全ての花を育てたことがある訳ではないから、お庭の木の話、増やした話、主婦の知恵が詰まった方法はとても勉強になる。
「またいらしてくださいね」と笑顔でお見送り。
おばあちゃんからいただいた笑顔は私の心までなんだかほんわり温めてくれました。

d0149620_22483062.jpgおつけもの屋さんの店頭に置くお花
ちょっと上位置に置くので下に垂れ下がるように作りました。
「和風っぽく、でも明るく、そして持つ花で。というご要望。
# by caom | 2008-01-30 22:53 | shop | Comments(0)

マンション工事終盤

前のマンション工事、当店側の面が明日で工事が終わるらしい。
囲っていた板が取れて、電気がついてると明るくていい感じ。
道も広くなるので、うちが店の前に車を置いていてもすれ違いができる感じになにそうです。

良かった、良かった。

でも、ここって、実は商店街通りだから、日中通行止めなのって知ってた?!?!
きっと、きっとこのマンションに住む人たちはそんなこと知らなくて(私もつい最近知ったし)
普通に走るのだろうな。
どんどん商店街じゃなくなっていく、昔は有名な商店街だった場所。
私も商店街に店を構えたつもりだったんだけどなぁ・・・。
商店街・・・かなぁ・・・・??
間違えた・・・かなぁ??・・・・

d0149620_22274160.jpg
写真はカランコエ『白銀の舞』
美しすぎる。
# by caom | 2008-01-29 17:44 | shop | Comments(0)

Hawsジョーロ

d0149620_23105143.jpg
お客様から頂いた焼き芋。。
Caom近くにおじいちゃんとおばあちゃんで経営されている八百屋さんがあるらしく、そこのお芋を頂きました。
ほんのり温かいお芋にお客様の優しさと八百屋さんの温かさを感じました。。

d0149620_23112112.jpg

本日、11月からご予約を頂いていたHaws社のジョーロをやっとお渡しできました。
ジョーロをお買い上げ頂いたM様、去年の10月のオープン当初からのお客様。
やはり、オープン当初からのお客様達は私にとっても特別な思い入れがあります。
そして、このオープン当初からのお客様の、中でもおばさま達に共通するのは、
とってもチャキチャキしていらっしゃる事。
そんな様子を見た、うちの主人は『類は客を呼ぶ・・』とポソリ・・・。

そんなM様に入荷の電話連絡をしたのがあの雪の日。
品物の事より、私の心配をしてくださって
「わかったわ!もう今日は店閉めちゃいなさい」って。
あまりに突拍子もないご提案に私も驚き、そして笑ってしまいました。
お礼を述べ、電話を切ろうとすると 「そうそう!!」
ーと思い出したように
「家に帰ったら、しっかり手洗い、うがいをするのよ!!」って。
《私も結構いい年齢の大人なんだけどなぁ・・・。》と思いつつもなんだか実のお母さんのようで
おかしくて、でもとっても温かい気持ちになりました。

寒すぎて人生初!!足がしもやけになってしまいましたが、頑張って冬を乗り越えます♪

d0149620_2312158.jpg写真はCaomのアレンジの時のラッピング。
背の高いものは持ち運びの際、傷つかないようにセロファンで包みますが、低めの時はペーパーで包んでいます。
この方がお洒落だからというのが一番の理由ですが、あまりお花をご存じでない方はラッピングされたセロファンをかけたままアレンジを飾ってしまう。
そうすると花が蒸れてしまい、劣化がどうしても早くなってしまう。
このようなラッピングにすることで、お渡しになる方も「セロファンとってね」なんて一言がいらないし、頂いた方が花に詳しくない方でも自然と長く楽しめるようになっています。
# by caom | 2008-01-28 23:14 | shop | Comments(0)

うんざり工事

d0149620_23101223.jpg
ちょっと笑える納品書は市場の物。
ここはいつも「花音」とか宛名にかかれてしまうのだけど、今回は「COON」
ちょっと近づいたけどまた遠のいた感じが笑っちゃいました。

今週はずっと前のマンションが通りを通行止めの大工事。(正しく言えば通行はさせてる。立ち止まらせないだけで)
何度言っても荒い作業はやめてもらえず、手元からバタン、バタンと鉄の大きな板を落とす。
う・・・うるさい。
今日で終わると言っていたのに、まだ来週も続くらしい・・・。
本日、お客様がいらした時に黄色いサイレンみたいなのがチカチカ,グルグル・・・。
店の壁の白と反射して黄色の光が鋭く光る。
ま、まぶしい・・・。
お客様もびっくりされて「す、すごいですね」ーと。
なんだか本当に申し訳なくって「お気をつけて・・・」とお見送り。

これで完成後、前のマンションの住人の方が誤って車を店に追突させたりしたら、さすがに髪の毛逆立って怒っちゃうかもしれない。とばっちり・・・

d0149620_23125170.jpg
写真は昨日仕入れたパセリの鉢です。
鉢に植替え済みでウッドチップも上にのっていてキッチンのインテリアとしても最適☆
しかし、うちの旦那様「パセリ仕入れたの?」ーと渋顔。。
どうやら女心がわからないらしい。こんなに実用性のあるハーブなのに♪
# by caom | 2008-01-26 18:33 | shop | Comments(2)

難題

d0149620_21343668.jpg
        生徒さんのN様から頂いた手作りパン・・。感動のおいしさでした。

今日、お客様から唐突に
「あの・・・このセンスはどこで勉強されたのですか?」-と聞かれました。
うぅ~ん、今までで一番難しい質問。
「なぜこの地で店を開いたか」とか「どこで花の勉強をしたか」はよく聞かれるので、
お客様に納得していただける言葉を用意しているんだけど・・センス・・・。勉強したというよりは私のアンテナに引っかかったものを集めただけ・・・だけどそう答えたら鼻に付くだろうなぁ・・・。とちょっと沈黙のあと。
「イギリスにインターンシップ生として、数ヶ月現地の花屋とかで働いていたんです。」と答えてみた。
お客様、『だからなのね・・』という感じの大きなため息。
あぁ、良かった、納得して頂いたみたい。
私がイギリス滞在中にロンドンに旅行にきた友達が聞いたら笑う答えだろうなぁ。
ケンジントンパークの前でガーデニング用の大きなカートをひきながら、決してお洒落とはいえないアウトドアブーツを履いた私を発見したときのこと、今だに笑いながら言うもんなぁ。

私の尊敬するフロリストの言葉。「私のことをセンスがよいと思うのは、それはその方と私の趣味が似ているからだけのこと」-と言っている。
私もそう思っています。私のセンスが良いと思う方は私と趣味が似ているという事なんです。
2日に1回は「こんなの花屋じゃない」なんて罵声も浴びてますしね。。

d0149620_21552382.jpg
写真は最近インターネットご注文の8割を占めているパープルのアレンジ
(こちらはそのデラックス版)
ホームページのショッピングの品の写真の中で唯一カエルさんが撮ってくれたものが一番人気なんだから、カエルさんの写真の腕に頭が上がらない・・・。
『インターネット販売頑張るのならまず、写真を頑張りなさい』と言われたカエルさんの言葉はまさにその通りですよぉ・・・。よく(写真より実物のほうが3割増でいい)と言われちゃう私の写真の技術・・・。なんとかせねば。。
# by caom | 2008-01-24 22:01 | shop | Comments(2)