Caomはなおとれしぴ。

caom.exblog.jp

思う事

久しぶりの更新です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

休業にあたり、温かなメールやお手紙、美味しい物や素敵な物まで頂戴しました事 改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。


ここ最近思った事をちょっと書かせて頂きます。
興味の無い方はすっとばしちゃって下さい。

**********************************

9年弱 自分の全てをかけて 共にしてきた 「Caom」という存在。
お休みさせるという事 

この選択は正しかったのか。

花屋業界でも子供を持ち、お仕事を続ける女性が数多くいらっしゃる中 なぜ自分はできないのだろう。

休業してからも「これでいいんだ」と自分を無理矢理納得させている部分もあって。


先日、レストランウェディングで働いていた時のトップの方にお会いする機会がありまして
自分の悩みとか話したつもりもなく、今の現状だけさらりと話しただけだったのですけれど

後日 メールで
「何事にも手を抜かない西原さんだから、今は子育てに集中なんだと思う」と頂き

ストンと腑に落ちたというか
私は自分が思っている以上に不器用で、だけど完璧主義で。
私みたいな不器用な人間が 子育てとCaomの経営を両方やろうという方が無謀だったよな~って

そしてやっぱりその方にバレてたな~(笑)って

その一件があってから
「子育て休業楽しんでます」の看板を自分の中で掲げることができました。


娘を通して見る自然界はとにかく優しく 時に厳しい
知恵の使い方 感触 感覚
ふんわりと娘を包むように教えてくれる。

一緒にいる私は娘の透明なフィルタを通して改めて見慣れた自然に触れる。
気づくこと、気づかされること。

そして娘と一緒にいるから知った世界もある。
その一つ
d0149620_7284375.jpg


伊藤尚美さんの世界

麻やガーゼ やさしい「素材」を十分に発揮する 伊藤さんの色彩
娘がいなければ この素晴らしい世界観を知るのに少し遠回りしたと思う。

花漬けだった私が 違う角度から 色んな分野の方の感性を受け刺激されている今。
なんだか面白いじゃ無いか。 と思うし、いつかCaomを再開することが楽しみになってきました。


花の仕事から離れて、久しぶりに「花を飾る」という行為の楽しさにも気づかされました。
仕事をやって、商品の花に囲まれていた頃から比べれば、とても少ない量ですが
自分の今の生活に合う、お世話と管理に無理のないお花の量

食卓のテーブルに作った ちょっとしたお花を飾るスペース
d0149620_16252722.jpg
ちょっとしたお花を家族みんなで楽しむ。

命を摘む。それを愛でるという事。

もともとの花屋が自宅で飾る
無理のない、背伸びのない、「普段のお花」 

これって紹介していったら面白いし
Caomを愛して下さっていた皆様へお便りにもなるかなぁ?ーと、このブログに 「今週の花」として載せていくことにしました。
あくまで無理のない範囲ですし、娘が病気になったら飛んでしまう週もあるでしょうけれど、
楽しんで頂けたらいいなと思っております。


とうとうインスタにも手を出してみたのですが、リンクの仕方がイマイチわからないので、こちらの紹介はもう少しお待ち下さい。

長々と思いを書き綴ってしまいましたが、お陰様で元気に過ごしております。



by caom | 2016-09-12 07:32 | mariko's diary | Comments(0)